水洗顔で皮脂や角栓は落とせる?|リバウンドについて解説!

朝の洗顔は水だけでいいって本当?

朝の洗顔は、しっかり石鹸を泡立てて洗ったほうがいいのか、朝であれば水だけで十分なのか悩むところですが、実は洗顔料を使って汚れを落とした方が肌の調子は整います。
というのも、寝いている間に人の肌は皮脂が分泌されていきますが、そのままただの皮脂であれば水でも十分と言えるものの、皮脂は時間が経つと変化し、落ちにくくなってしまいます。
こういったことから、朝も水だけでなくしっかり洗顔料を泡立てて、洗ったほうがしっかり毛穴なの汚れが取れて肌トラブルにつながりません。

 

皮脂が毛穴に詰まってしまうと、ニキビができやすくなりますし、黒ずみの原因になってしまいます。
水だけではなかなか綺麗に落とせないのが現状です。
しかし、洗顔の際には、こすりすぎや洗いすぎには注意が必要です。
肌はある程度の皮脂が必要であり、落としすぎてしまうと、肌バリアの機能が弱くなってしまいます。

 

すると、乾燥をはじめとする肌荒れを起こしやすくなり、肌トラブルの原因になります。
弱酸性の洗顔料をしっかり泡立てて、優しく泡で洗い、しっかり洗い流すことが大切です。
このような洗顔をすることで、朝からしっかり肌が元気になり、化粧のノリも良くなるでしょう。

 

 

水洗顔で皮脂は落とせる?

水洗顔でも、表面の皮脂は落とせます。
しかし、皮脂が変化した過酸化脂質や、角質には入った汚れはなかなか落としきれません。
その状態では、毛穴の詰まり、そして肌の炎症、にきびなどといった悩みを抱えてしまうことになるでしょう。

 

余分な皮脂を落とすためには、水ではなくぬるま湯を使って洗顔するようにしましょう。
あまり熱いお湯では、必要な皮脂も落としすぎてしまうため、ぬるま湯で洗顔するほうが、汚れや皮脂、汗などを適度に洗い流すことが出来ます。
肌に残りすぎても、落としすぎても問題がでてきます。
肌を保護するためには、必要な皮脂は残しておく必要があり、これを落としすぎることで、肌が外部からの刺激に弱くなったり、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

また、ほとんど皮脂を洗い流せない状態で肌に多くの皮脂が残ってしまうと、肌の毛穴を詰まらせてしまうため肌荒れの原因になります。
適度に洗顔し、毛穴がつまらない程度、そして、肌が乾燥しない程度に洗い流すことが重要です。
洗顔後は、化粧品できちんと保湿し、肌を清潔に保ちましょう。
このようなことを心掛けることで、肌の状態が良くなり、美肌の維持にも繋がります。

 

 

水洗顔だけで角質が取れる?

水洗顔で角質を取り除くためには、コツが必要です。
そもそも肌というのは、健康であれば古いものが自然に剥がれて、その下からきれいな皮膚が出てくるため、水で洗顔するだけで良いのです。

 

ところが、何らかの理由でターンオーバーができなくなってしまい、角質がたまります。
そのため、まず肌を正常な状態に戻すということが必要です。
睡眠は十分に取り、ビタミン豊富な野菜やフルーツを積極的に食べるようにしましょう。

 

洗顔方法は、まずお湯を入れた洗面器を用意し、そこから上がってくる蒸気を顔に当てておきます。
すると、毛穴が広がっていくので角質が取れやすくなります。
その状態で、軽く水で肌と手を濡らし、鼻や頬などの角質が溜まりやすい箇所をこすっていくと良いです。
この時、爪で肌を傷つけてしまわないように注意しましょう。
必ず指の腹で優しく円を描くようにしていくと、人によってはポロポロといった感じがわかるほどに取れていくことも珍しくありません。
角栓を取ることで、肌の黒ずみ対策にもなりますのでぜひ試してみましょう。

 

 

リバウンドって何?

美肌に効果的な美容法として水洗顔が流行っていますが、同時にリバウンドの症状が出る、ということも言われています。

 

まず、水洗顔とは、文字通り水で顔を洗うことです。
過剰なケアでダメージを受けた肌を、洗顔料などの余計なものを使わずに洗ってあげることで肌を回復させるという考え方の美容法です。
とはいえ、多くの女性が毎日お化粧をしているでしょうから、毎回の洗顔をせっけん無しで済ませるわけにはいきません。
基本的には朝だけ行い、夜は普段通りメイク落としや洗顔料を使って洗います。
冷水ではなく、30度くらいのぬるま湯で洗いますが、この時、先に手を洗ってから、清潔な手指を使い、顔を拭くタオルも清潔なものを使いましょう。

 

さてリバウンドですが、今までスキンケア用品に潤いを与えられていたお肌が、スキンケアの恩恵を失うことで一時的に荒れてしまう状態のことを言います。
リバウンドの時期はとても辛いものですが、肌が正常なターンオーバーの働きを取り戻すまでの辛抱です。
あまりにもリバウンドの期間が長かったり、赤みやかゆみなどが出てつらい時には皮膚科の診断を受けましょう。

 

 

水洗顔をするとかさぶたが出来るの?

水洗顔を続けていると、かゆみや赤み、かさぶたのようなものができてしまうことがあります。

 

しかしこれは肌のターンオーバーが正常に働きだしている証拠です。
石鹸やクレンジングを使わない水洗顔は、肌に必要な皮脂などを落としすぎず、余計な刺激を取り除いてあげることで、肌本来の保湿機能を甦らせ、ターンオーバーの周期を正常にしてあげるという美容法です。
この方法を続けていると、スキンケア方法が急に変わったことで、お肌がびっくりして荒れてしまう時期が訪れます。
この時期をリバウンドと呼びますが、顔にかさぶたのようなものが出てくるのも、このリバウンドの症状のひとつです。
正確にはかさぶたではなく、肌の角質層が一時的に厚くなってしまったものです。

 

リバウンドの時期を乗り越えると、肌本来の力を取り戻した強いお肌が手に入るのですが、この時期が長いと辛いものです。
無理に剥がしたりせず、皮膚科に相談したり、毎回水洗顔を行うのではなく、夜だけはせっけんや化粧品を使うなど、やり方を工夫して徐々に肌を慣らしていくと良いでしょう。
また、顔を洗う前に、まず手を清潔にすること、洗顔は冷水ではなく、ぬるま湯で行うことなども気をつけましょう。

 

 

水洗顔とニキビ

ニキビに悩んでいる人が水洗顔について知るということもあるかと思います。
ですが、ニキビの場合、それ以外にも対処法はたくさんあります。
例えば、顎ニキビで悩んでいるなら、こちらのサイトが役に立つと思います。